横浜市港南区 美容室/美容院 hair salon CASS (キャス)>エイジングケア>美容師が教える30代からエイジング対策

美容師が教える30代からエイジング対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1
美容師が教える30代からエイジング対策

この記事を読むのに必要な時間は約3分です。

エイジングケアで綺麗な髪の毛を継続的致しましょう。

女性にとって綺麗な髪の毛でいられる事は憧れの一つ。誰しもが常に綺麗でいたいものですよね。そんな髪の毛は歳を重ねることで自然と細毛、薄毛または白髪になってしまいます。そうならないように30歳代からエイジングケアが重要なんです。

髪の毛も老化してしまうの?

髪の毛のまとまりが無くなってきたなと感じる事ありませんか。髪の毛が伸びてまとまらなくなっている事も原因のひとつですが髪の毛が変化していることも考えられます。この変化が歳をとって起こってしまう事が一般的にエイジング毛と呼ばれます。昔は癖がなかったのにや艶が無くなってきたという事は正にエイジング毛の一般的な症状になります。また、髪の毛の成分のひとつに「コレステロール」があります。これは髪の脂肪分。体も脂肪がなくなると痩せるように髪の毛も脂肪分が無くなると痩せて来ます。体は脂肪分が減り痩せて欲しいですが髪の毛は細くなってもらいたくないですね。

髪の毛とホルモンのバランス

皮膚や筋肉は血液が通っていて老化する事は何と無く理解出来るけれど、何故髪の毛も老化するのだろう。ひとつはホルモンとの関係あります。髪の毛は女性ホルモンが影響されると言われます。その女性ホルモンの中のひとつにエストロゲンがあり、エストロゲンが髪の毛の艶を出す働きをしていいます。エストロゲンが無くなって行く事で髪の毛の艶やハリコシが無くなってきて老化現象が現れる原因となります。エストロゲンの分泌は30歳代までがピークでその後は減少してしまいます。

エイジング毛の原因

ひとつは、先ほどのホルモンバランスによる原因。もうひとつは、美容習慣による原因があげられます。女性なら、今は染めは当たり前、パーマをたまにはかけてオシャレしてみたいと思いますよね。これによっても髪の毛の艶やハリコシは奪われてしまう可能性があります。また、毎日の手入れ、ドライヤーでのブローやコテ、ストレートアイロンによっての物理ダメージ、さらに言うとシャンプーをする事でもダメージに繋がりパサつきの原因になることもあります。


エイジング毛への対策

原因への対策のひとつ、ホルモンのバランスを整える。エストロゲンの減少を少しでも遅らせる為にはバランスの良い生活を送ること、睡眠をとる、バランス良く食事を行う、ストレスを溜めないなどなかなか難しいですが意識して行う事が重要です。美容師として対応出来る事はヘッドスパをおすすめいたします。頭皮も疲れを溜めています。疲れやストレスを溜める事で筋肉が萎縮し結構が悪くなり頭皮の血液循環やリンパの流れが悪くなって頭皮環境が悪化してしまいますのでヘッドスパによって頭皮環境を整える事が有効です。原因のもうひとつ美容習慣によるダメージは、ひとつは美容室でのヘアケア、専門家による専門知識と対応で少しでもダメージを減らす事、また自宅では出来ないケアを行う事で細毛や薄毛の対策にもなります。

丸山 和秀

丸山 和秀

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1

丸山 和秀は、こんな記事も書いています。

  • 縮毛矯正をショートヘアにかける3つのポイント

    縮毛矯正をショートヘアにかける3つのポイント

  • 価格改定のお知らせ

    価格改定のお知らせ

  • 縮毛矯正を失敗させない為に必要な知識

    縮毛矯正を失敗させない為に必要な知識

  • 美容師が考える縮毛矯正頻度

    美容師が考える縮毛矯正頻度

  • 臨時休業のご案内

    臨時休業のご案内

  • 美容師が教える30代からエイジング対策

    美容師が教える30代からエイジング対策

美容院専用ホームページサービス

Copyright© 2013 Hair salon CASS All rights reserved.